今年の秋冬のレディーストレンチコートなら、テロンチがおすすめ

 

トロンチコート

いつの時代も古く見えないのがトレンチコートの特徴です。

 

ベーシックでありながら、多彩な着こなしを楽しめるアウター。

 

それでも、細かく見るとシルエットや長さなど、トレンドは毎年変化しています。

 

トレンチは、デニムと同じで毎年アップデートが必要で、それができていると、おしゃれ上手に見えます。

 

今年、買い足すならカッチリタイプの定番もいいけれど、テロっとした素材感のテロンチもおすすめです。いつもよりもさらに女らしく、雰囲気たっぷりに着こなせます。

 

テロテロ生地だと「冬コートとしては寒い」と思った時には、テロンチテイストだけど、少ししっかりした生地のトレンチコートも出てるので、そちらを選ぶといいかもです。


 

ピンクベージュの女っぽいテロンチ Theory(セオリー)

丸みのある衿と、優しげなピンクベージュのコラボが、せつないくなるほど女らしいテロンチです。シンプルないつものコーデにさらっと羽織ると、ほどよくカッコいいスタイルになります。生地に光沢があるのできれいめファッションが好きな人には、特におすすめのトレンチコートです。

 

ドロップショルダーのトレンチコートDrawing Numbers(ドローイングナンバーズ)

テロンとした生地と、リラックスしたドロップショルダーがこなれ感を格上げする、大人っぽいテロンチです。トレンドカラーのテラコッタのコートは、秋冬のブラックコーデにもシックな華やかさをプラスします。

 

モダンなブラックアウターのテロンチ UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

パンツや長め丈のスカートにも、バランスを気にせずに着れる、やや長め丈の黒コート。万能な黒がスタイルを引き締めるので、いつものコーデに羽織るだけでお出かけコーデに変わります。黒だけど重くならない、フレアーの入り方や生地の光沢が秀逸です。

 

Gジャンとのレイヤードにぴったりのコート KBF+(ケービーエフプラス)

こなれ感たっぷりのちょっと渋めなテロンチは、インにGジャンを着ると新鮮なレイヤードファッションになります。ボトムはシックなニットスカートにして、テイストミックスにすると、着こなしに今年っぽい奥行きが生まれて、大人カジュアルをグッと格上げします。ハットをかぶって、マニッシュテイストもきれいにきまります。

 

上品なネイビーのテロンチアウター ADAM ET ROPE(アダムエロペ)

落ち着きのある上品なネイビーカラーのコートは、トレンチのベルトをキュッと締めて、ウエストマークでメリハリをつけます。前ボタンは留めずに、ベルトだけでラフな着こなしにします。無難になりがちなコーデの時には、白のタートルや白小物でアクセントをつけ、アクセサリーも大ぶりなものを選ぶようにします。